就職より「就域(しゅういき)」で就職先を考えてみる

こんにちは!
調布みつぎの築山です。
今日は、就職活動にまつわる、少し真面目な話です。

突然ですが、「就域(しゅういき)」という言葉を耳にしたことはありますか?
聞いたことがないという方の方が多いと思いますが、それもそのはず。
つい最近、リクルートさんより発表された造語だからです。

2018.12.17、株式会社リクルートホールディングスより、次のようなリリースが出されました。

新卒採用領域の2019年トレンド予測を発表 キーワードは「就域(しゅういき)」
-株式会社リクルートホールディングス「2019年トレンド予測」より-

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-02/

「就域」とは!?
”地域の中小企業と行政・金融機関が連携し、街ぐるみで地域に根差す若者の定着を支援!”
”地方からの人口流出と昨今の売り手市場を背景に、地域振興を図るという共通の目的が設定され、
利害の異なる採用競合同士が地域コミュニティを形成。地域ぐるみで採用と育成を行い、
地域に根差せる場づくりを提供している。”
(リクルートホールディングス「今年で開催10回目! 2019年のトレンド予測を発表」
 read:https://recruit-holdings.co.jp/newsroom/2018/1217_18504.html より)

この記事を読み、まだあまりピンと来ない人も多いかもしれませんが、
文字面だけを読むと、「就域」とは、「地域に就くこと」と捉えて差し支えないと思いました。

「就域」=「地域に就く」。
少子高齢化がますます加速する中、非常に重要なキーワードかもしれません。
今や人口は首都圏、都市圏に集中し、地方は少子高齢化・過疎化の真っただ中にあります。
誰が、地方の担い手になるのか?その期待は、我々働き盛りの世代や、若者である学生の皆さんに寄せられています。
もちろん多様な価値観の中で、地方から出て、首都圏で一生働き続けることが悪い訳では全くありません。
資本市場、競争主義の観点から、至極当然なことです。
ただ、自身の生まれ育った地元で働くこと(Uターン)、あるいは全く知らぬ地方で働くこと(Iターン)も、選択肢の一つとして一度考えてみることは、自身のキャリアを考える中において、決して悪いことではないと個人的に思います。

先日の自己紹介の中で、私も当社への入社動機に触れましたが、「育ってきた地元に貢献したい」という思いは、もしかしたらこの「就域」という言葉の実践なのかも、と勝手に解釈しています。
当社が存する「調布」という地域は、一般的には首都圏の一自治体と認識されますが、その土地に暮らす人にとっては、一つの立派な「地方」であり、そこには独自の文化・風習があったりします。
そういった価値観を尊重しながら、共生し、共に成長し、ひいては地域社会の発展に寄与していく、という思考も、大変立派な考え方なのではないかと感じます。

次に、「就域」を考える前提の話をします。
「就職」という言葉は大変身近な言葉かと思いますが、従来の日本の労働市場、こと新卒の市場においては、「就職」ではなく、「就社」という指向が強かった(あるいは今なお強い)と言われています。
終身雇用の考えが強かった時代の影響が色濃く残り、一つの安定した、立派な会社で一生を勤め上げるというような考え方です。
新卒で就職活動をされている(近々始める予定の)皆さんの親御さん世代がそのような環境下で過ごされてきたため、子供である学生の皆さんにも、今なおその価値観が根付いているのかと思われます。
人気の就職先ランキングを見れば、日本を代表する企業が名を連ねているのを見れば、一目瞭然です。
(ここに我々のような中小企業が入ってきたら、個人的には面白いと考えるのですが 笑)
もちろんそれも、一つの大切な考え方で、否定されるべきものではありません。
ただ、初めから大手企業への就職ありきで、地方の優良企業や中小企業への就職の選択肢を除外しているなら、それはとてももったいないことだというのが、私の意見です。

「就社」、「就職」を経て、「就域」の時代へ。
いわゆる就職の形も、時代合わせて多様に変化しつつあります。
変化の多いこの時代に、あなたはどのような働き方を望みますか?
自分の一生は、一度しかありませんので、どんな形であれ、尊重されるべきものです。

人生長いので、一回決めたら一生そのままということではありません。
途中で失敗をしたり回り道をしてでも、最終的には自身で納得のいく、満足度の高いキャリアを歩めたら、それは一つの正解と言えるのではないでしょうか。

学生である今のうちに、自身と逃げず恐れず対話を重ね、じっくりと自分の将来を考えてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

築山祐介 つきやまゆうすけ

㈱調布みつぎ不動産研究所 経営管理部 兼 新卒採用担当。大手外食チェーン店舗勤務、大手学習塾教室長・本部総務職を経て、2017年より現職。 当「調布みつぎ 新卒採用ブログ」を立ち上げ、主に大学生の就活や企業研究に役立つ情報を発信中。人材育成・他者成長支援・地域貢献がライフワーク。趣味:国内旅行、街歩き、スポーツ(サッカー・野球など)。宅地建物取引士、キャリアコンサルタント。趣味が高じて「国内旅行業務取扱管理者」資格も学生時代に取得。