やさいの自販機

こんにちは!
調布みつぎの築山です。

本日は、会社のプチ紹介です。
当社のビル入口脇には、珍しいものがあります。
「野菜の自動販売機」です。

郊外で、畑の脇などにあるのは、皆さまも見たことがおありかと思います。
不動産屋さんの軒先に置いてあるのは、見たことありますか!?
私はないです(笑)少なくとも、東京都内では、珍しい光景ではないでしょうか。

聞くところによると、本社ビルが竣工されるずっと前からも、採れたての地元野菜を対人販売していたようで、地元の方に大変喜ばれております。

他には、調布ヶ丘畑の脇(八雲台郵便局近く)、富士見町2丁目(三ツ木富士見町マンション1F)、佐須3丁目(野川・大橋の近く)でも、みつぎ野菜の自販機がありますので、お近くの方は探してみてください。

ちなみに、本社ビルの自販機に野菜をセットするのは、当社社員の朝のルーティンワークです。この作業を通じ、農業が祖業ということもあり、原点を忘れないこと、大地の恵みに感謝する気持ちを思い起こしております。

人参、チンゲン菜、カブあたりはポピュラーですが、聖護院大根、ターサイ、ハヤト瓜など、珍し系のラインナップもウリです。

 「どうやって食べるの?ほかの種類はないの?」

という方は、深大にぎわいの里にある直売所「調布のやさい畑」をお訪ねください。活気ある雰囲気の中で、地元の調布野菜や市場で仕入れた新鮮野菜、地方の逸品が数多く並び、毎日訪れても飽きのこない場づくりやイベントが実施されています。

直売所の歳末は、一年で最も忙しい時期です。私たち社員も、ヘルプに入ります。活気あふれる店舗、ぜひいらしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

築山祐介 つきやまゆうすけ

㈱調布みつぎ不動産研究所 経営管理部 兼 新卒採用担当。大手外食チェーン店舗勤務、大手学習塾教室長・本部総務職を経て、2017年より現職。 当「調布みつぎ 新卒採用ブログ」を立ち上げ、主に大学生の就活や企業研究に役立つ情報を発信中。人材育成・他者成長支援・地域貢献がライフワーク。趣味:国内旅行、街歩き、スポーツ(サッカー・野球など)。宅地建物取引士、キャリアコンサルタント。趣味が高じて「国内旅行業務取扱管理者」資格も学生時代に取得。