調布みつぎ2daysインターンシップ1回目実施!(1日目)

こんにちは!
調布みつぎの築山です。

去る2月5日・6日、調布みつぎ2daysインターンシップを開催いたしました。
本日は、その内容を一部ご紹介してまいります。

【1日目】
内容
・不動産業界・不動産の仕事・弊社事業内容についての説明
・実際の業務を体験:自社所有マンションの貸出図面の作成・物件の案内ロープレなど
→不動産のエンドユーザー様目線の接客体験

今回の参加者は1名、某私立大学のYさん。
なんと千葉県佐倉市から、遥々2時間強を掛けてのご来社。
Yさんは、インターンシップ参加は今回が初めてということで、少々緊張した面持ち。
それだけご期待をいただいているということの裏返しでもあり、我々も身が引き締まりました。

10時にプログラムが開始し、当社社員とYさんの自己紹介を終え、双方とも少し緊張が解けてきた様子。
続いて、当社の簡単な紹介と、不動産業界のトレンドと、将来性についてご説明。
(不動産テック、不動産2020年問題(東京オリンピック後の価格下落)、空き家問題など)

続いて、本日は不動産賃貸営業の実務体験ワークを用意。
座学から、ロールプレイングによる接客の実践。
Yさんは調布の土地鑑がほぼ無いにも関わらず、弊社社員の手本を見よう見まねで必死に実践してくださり、全く遜色ない接客を見せてくれました。
接客姿勢が既に堂々としており、ほぼ言うことの無いレベルでしたが、そこは我々もプロ。
物件説明でネガティブな情報をネガティブな形で収束するクセがあったので、ポジティブで終わるとより良いというフィードバックを伝え、納得の表情を見せるYさん。
通常は業者しか使用できない物件検索ツールの操作に触れたりするなど、全ての初体験に興味津々の様子でした。

若手社員とのランチ昼食を挟み、午後には実際の物件で内見接客の実践。
午前と同様、まずは弊社社員の手慣れた接客の様子を見てもらいました。
Yさんは、必死にメモをとり、いよいよ自分の番。
持ち前の度胸で、実に堂々としたご案内をしてくれました。
本当に素晴らしかったのは、お手本の良いところを真似、即実践してくださる姿勢。
さらに、自分で見つけたポジティブな材料を、自分の言葉で表現する場面も。
応用力の高さにも、驚かされました。
一点だけ惜しかったのは、Yさんの強みである「素直さ」が裏目に出た場面。
先輩社員が手本を示したときに伝えた不要な情報(お客様によってはネガティブに捉える可能性のある情報)を、「素直に」そのままお客様に提示してしまいました。
その点も、後のフィードバックの場面でお伝えしました。

まだ一日目ではありますが、今回のインターンシップでYさんの強み・弱みがはっきりと確認され、なるべく率直に伝えております。
ここでの指摘が、必ずしや彼自身の自己分析、就職活動、キャリア形成に寄与すると考えるからです。

内容盛り沢山の一日を終え、感想を聞いてみると、
「不動産の実務に即した内容が多く体験でき、充実しています」
と聞かせてくれました。

二日目は、不動産のオーナー様目線に立った接客体験のプログラムを実施予定。
長くなりましたので、本日はここまで。

 

【2019年2月インターンシップ】アットホームな雰囲気がウリ!不動産賃貸ビジネスのイロハがわかる![2days]
2回目(2月22日(金)・23日(土))受付中!
以下リンクより↓

 http://mitsugi.info/recruit/information/internship201902/

ABOUTこの記事をかいた人

築山祐介 つきやまゆうすけ

㈱調布みつぎ不動産研究所 経営管理部 兼 新卒採用担当。大手外食チェーン店舗勤務、大手学習塾教室長・本部総務職を経て、2017年より現職。 当「調布みつぎ 新卒採用ブログ」を立ち上げ、主に大学生の就活や企業研究に役立つ情報を発信中。人材育成・他者成長支援・地域貢献がライフワーク。趣味:国内旅行、街歩き、スポーツ(サッカー・野球など)。宅地建物取引士、WACA上級ウェブ解析士、厚生労働省認定「YES-プログラム認定講座」修了。趣味が高じて「国内旅行業務取扱管理者」資格も学生時代に取得。