働き方改革

皆さんこんにちは!採用チームの高橋です。

今回は「働き方改革」について少しお話を。

4月から施行となりました同取り組み、生産性を上げて残業を減らして早く帰りましょう!
そして有給もちゃんと消化しようね、消化しない会社はだめよ!

と、まぁ簡単に言うとこんな感じ。(簡単過ぎますね笑)

残業が減って有給も取得できる、ここまで聞くと会社勤めのサラリーマン達は
大喜び、、、!

でも本当にそうなるの?と疑問の声が多いのも事実。

大人版ゆとり教育!?

実際、人手が足りない中小企業には現実的でないよ!
という意見もあるのですが、今回の論点はそこではないんです。

残業がなくなって早く帰れれば自由な時間が増えます。
有給も使えば休日も増えますよね。

そこで皆さん、時間が有れば何をしたいですか!?

私の好きな経済学者の岸博幸さんのお話が興味深かったのでご紹介します。

「結局、増えた自由時間をどう活用するかが大事。この時間を使っていかに知識やスキルを上げるかを考えないと、逆にマイナスになる。ただ“遊ぶ時間が増えた!”と喜んでいるようでは厳しい。この働き方改革は『大人版・ゆとり教育』に近いところがある。働く側の意識がすごく大事です」

社会人としてはなかなかハッとさせられる言葉です。

時間は有限

時間があれば遊びに行く、飲みに行く、とにかく寝る、資格の勉強をする、
時間の使い方は人それぞれ。

人生の生き方に優劣はありませんが、岸氏の言う通り「遊ぶ時間が増えた」
と、喜んでいるだけでは社会人の意識としてはまだまだだと個人的にも感じます。

当社では「1日教養、1日休養」の考え方を大切にしています。

週休2日の内、1日は勉強して1日は遊ぶというメリハリをつけるのです。

勉強だけしていても退屈ですし遊んでばかりいても成長はありません。

これを読んでいる皆様が就職する頃には今よりも「働き方改革」が浸透していることでしょう。
その上に胡坐をかくのではなく、時間を上手く使って仕事もプライベートも充実させましょう!