次年度合意形成会議(ファシリテーション)

こんにちは!調布みつぎの築山です。

本日は、先日行った「次年度合意形成会議(ファシリテーション)」の様子を少しだけご紹介させていただきます。

当社の決算は、10月末。
すなわち11月より、当社でいう「新年度」を迎えます。

「新年度」の計画は、誰がつくるのか?
その主体は、当社の場合、各部門になります。
部門の現役社員(ベテラン)も若手も、配属前の新入社員も、そして経営陣も、各々が自由闊達に意見を言い合います。(時にエキサイトもします。)

自分たちでつくった計画・目標だからこそ(上層部から押し付けられたものでないからこそ)、良い意味で責任感が伴いますし、取組み甲斐があるものです。

全員が納得のいく計画がつくられるまで、徹底的に議論し、何度も練り直します。
「全員参加経営」を掲げる、当社ならではの取組みと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

築山祐介 つきやまゆうすけ

㈱調布みつぎ不動産研究所 経営管理部 兼 新卒採用担当。大手外食チェーン店舗勤務、大手学習塾教室長・本部総務職を経て、2017年より現職。 当「調布みつぎ 新卒採用ブログ」を立ち上げ、主に大学生の就活や企業研究に役立つ情報を発信中。人材育成・他者成長支援・地域貢献がライフワーク。趣味:国内旅行、街歩き、スポーツ(サッカー・野球など)。宅地建物取引士、キャリアコンサルタント。趣味が高じて「国内旅行業務取扱管理者」資格も学生時代に取得。